優良物件は新聞チラシではなく,直接不動産業者に聞くべし

優良物件は新聞チラシではなく,直接不動産業者に聞くべし

 

毎週新聞チラシに入っている不動産情報のなかからよい物件を探し出すってなかなか難しいですよね。でも超優良物件は新聞チラシに乗る可能性は低いかもしれません。
私がマイホームを購入したときのことですが,ふと不動産仲介業者に電話をしたときのことです。「不動産業者から今まさに飛び込んできた新着物件があるのです。
この物件はまだ新聞チラシにも乗せていませんし,あなたしかまだ知らない物件です。これが新聞チラシに出たら即売れてしまうと思いますので,今のうちに優先的に物件を紹介させてもらえないでしょうか。」とのことです。どう考えてもこれぞ業者のセールストークですよね。でもこういうセリフはうそではないのです。
本当にチラシには載っていないだけで,優良物件は載ったらあまり時間がかからず,売り手は見つかってしまうことが多いのです。でも業者の言う即見つかるかどうかはセールストークだと思いますけどね。
そう考えると,本当の優良物件はチラシに即載らず,実際にタイムリーに電話などで相談してきたお客に優先的に見せるのです。それで売れたら不動産業者も広告を出さなくていいし,広告料がいらなくなりますからね。それでも売れなかったら,新聞チラシに掲載して,広くみなさんに見てもらうのです。

高性能炊飯器
ということはもしマイホームが欲しくて,毎週新聞チラシばっかりを探しているなら,あまり効率がよいとは言えません。本当にマイホームを探しているなら,不動産業者に直接電話して,購入希望の条件を伝え,チラシにも載っていない新着情報がないかを聞いてみるべきだと思います。聞く分にはタダですから大いに活用すべきだと思います。
ただ,注意すべき点は相手は販売するプロですから,巧みな話術で焦らせてきます。そこを早とちりせず,動じることなく,適切な判断をする必要があります。業者は即決させようしてきますが,それで本当に売れてしまえばその物件とは縁がなかったと割り切ることも肝心です。一生に一度の大きな買い物なのですから,後悔せず,納得のいく物件を探して購入してください。

母の面倒と子供のことで頭がいっぱい

母の面倒と子供のことで頭がいっぱい

 

私は、毎日子供の保育園の送迎をしているのですが、最近、母の具合が悪く、通院することになってしまいました。

膝の関節の治療なのですが、治療は数回必要で、母を車に乗せて、診察室まで手を引いていきます。

朝は、子供と母を一緒に車に乗せる時もあり、どちらにも注意を払うのはとても大変です。

子供が車を降りる時に、走り出したりしないよう、大きな声を出してしまい、朝からスッキリしない日々が続きました。

母の治療が安定してくると、通院の頻度も少なくなるので、早く良くなるように願っています。

私の会社での仕事は、製造です。自分の持ち場があるので、残業をしないなどの条件を出してしまうと、そのラインを外されてしまいます。上司の顔を伺いながら仕事をすることが続きました。

作業中に、明日の朝は、2人の面倒を見て…と考えると、ため息が出ます。

尿漏れの原因

会社は忙しく、「いつまでお母さんの治療が必要なの?」などと上司に問い詰められ、果たして完治するのか?と考えたこともありました。

会社は、女性上司でも、家族のことに関する話をする時は、容赦ないです。

子供は、自宅で、母の面倒を見てくれることもあり、成長を感じることも多くなりました。母は、子供を加減して、力を調整してくれていて、2人のやり取りに、私もホッとできる時間があります。

母には、健康に気を付け、どんなに足が悪くても、長く生きてもらいたいと考えています。

子供は、母と遊んでいる感覚で、自然に手を引いてくれるので、私が大きな声を出したり、母が私を大きな声で呼んだりすることもなくなりました。

子供って、大人の姿をよく見ているんですね。

最後になりますが、私は埼玉県のシングルマザーなのですが、離婚時に大きな後悔をしました。それは慰謝料や養育費といったお金に関することです。

とにかく離婚をしたくて、離婚を優先した結果、慰謝料と養育費の話し合いはまったくしなかったのです。今さらの話になってしまいますが、子どもを育てるには長い期間、お金が必要となります。

離婚時にせめて養育費だけでも取り決めをしておけばよかったと後悔しています。

と、養育費は諦めていたのですが実は離婚後からでも請求できることを知りました。養育費のことを調べていると、埼玉県の離婚相談というサイトを見つけて、無料の弁護士相談を受けてはじめてそのことを知ったのです。

いまは弁護士にアドバイスを頂いたことを実践して、養育費請求を行なっています。

急な引っ越しで部屋探し

急に引っ越さないといけなくなったので、まずはインターネットで賃貸マンションの情報を検索しました。
素敵なマンションがいっぱい。

デザイナーズマンションはすごくおしゃれで憧れます。新築マンションは設備が充実しているし、誰も使ってない部屋は清潔で素敵。メゾネットになってる部屋なんかもすごく素敵。

でもやっぱり素敵なマンションは家賃がとても高いです。小さなワンルームでも、上記のような条件だと予算オーバーです。

そこで、部屋探しで重視する条件を書き出してみました。

・風呂、トイレ別
・室内洗濯機置き場
・コンロ2口以上
・エアコン付き
・フローリング
・ベランダ付き
・人が泊まれる少し広めの部屋
・オートロック
・駅近
・家賃5万円くらい

この条件で検索してみました。そして不動産屋へ行って相談しました。とりあえずその条件で、不動産屋さんにもいくつか物件を提案してもらいました。

でもどれも納得できないものばかりでした。部屋が狭すぎたり、コンロが1口だったり、洗濯機置き場が外だったり、風呂とトイレが一緒だったり、ベランダがなかったり。

なので、私が自分でインターネットで検索したマンションを不動産屋さんに見せました。そして実際に見に連れて行ってもらいました。

3つほど自分で探しましたが、オートロックに関してだけは妥協して、3つともオートロックなしの物件です。

1つ目の物件はリノベーションしている途中のデザイナーズな部屋。古いマンションで外観は微妙ですが、中はおしゃれ。でも部屋の形が三角形のような感じで、物が置きにくいし狭いので却下。

2つ目の物件は1DKで広くはないけど1人には十分な広さ。駅やスーパーからも徒歩5分ほどの距離。中々気に入ったけど、お風呂の給湯器を見るとかなり古いなんだかよくわからない機械だったので却下。

3つ目の物件は駅徒歩10分で5階まで階段でしたが、リノベーションしたてで中は綺麗。広さも十分あり、給湯設備も新しい。

3つ目の物件に決めました。早速、不動産屋さんに帰って契約しました。